マイルで旅する

陸マイラー初心者の専業主婦が、マイルを貯めて「家族で南の島へ行く!」という夢を叶えるブログ。

―おすすめ記事―

【2019年10月】ANA東急カードとは?|TOKYUルート必須カードを使ってもっとマイルを貯める!

スポンサーリンク

f:id:berry16:20191014131733p:plain
ソラチカルートの閉鎖が決まり、需要が高まっているANA東急カード

この記事は、TOKYUルートを使っていこうと思っている方や、ANA東急カードを持ちたいけど、具体的にどんなカードなのかを知りたい方へ向けて書いています。

今からは、TOKYUルートを使って、ガッツリANAマイルを貯めましょう!


あわせて読みたい


www.mile-de-tabisuru.xyz

ANA東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)のスペック

f:id:berry16:20191002101719j:plain

概要

  • 申し込み対象:18歳以上(高校生は除く)
  • 年会費:初年度無料。2年目から2000円(税抜)
  • 家族カード年会費:初年度無料。2年目から1000円(税抜)
  • 追加カード:ETCカード、家族カード
  • 電子マネー:iD、applePay、Googlepay、PiTaPa
  • 年会費割引特典:WEB明細割引(500円(税抜)割引)、マイペイすリボ割引(1249円(税抜)割引)
  • ポイントサービス:ワールドプレゼント
  • 搭載サービス:ANAマイレージクラブTOKYUポイント・PASMO・定期券・クレジット
  • 支払日:15日締め翌月10日払い
  • 国際ブランド:Mastercard

付帯保険

  • 海外旅行:1000万円まで
  • 国内航空:1000万円まで
  • ショッピング保障:年間100万円まで(海外での利用、国内でのリボ払い、分割払い(3回以上)のみ対象)

付帯サービス

f:id:berry16:20191002104350j:plain
出典:ANA公式HP

気になるポイント還元率!貯まるポイントの種類と交換ルート

f:id:berry16:20191014135537j:plain
ANA東急カードでは、ANAマイル、TOKYUポイント、ワールドプレゼントの3つのポイントが貯まります。

f:id:berry16:20191002103942j:plain
出典:ANA公式HP

ANA東急カードでは貯まるポイントが3種類もあって複雑だから、しっかり理解しておこうね。

ANAマイル

入会時・継続時のボーナスマイルが1000マイル
ANAグループ会社便や提携会社便の搭乗時、通常のフライトマイルに加え、ボーナスマイルが区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%貯まります。

また、提携ホテルへの宿泊や、ANAマイレージモールの利用提携店での食事(グルメマイル)でもマイルを貯めることができます。

さらに、提携店でのクレジット決済ではワールドプレゼントポイントとは別にANAマイルが貯まります。

TOKYUポイント

TOKYUポイント加盟店でのショッピングでTOKYUポイントが貯まります。

TOKYUポイント加盟店
  • 東急ハンズ
  • 東急ホテルズ
  • 出光
  • ニッポンレンタカー
  • ぐるなびネット予約対象店
  • サカイ引越センター

など…
一覧はこちらから確認してください。

また、東急のバス、電車の乗車や定期券の購入、東急駅構内の自販機や売店のPASMO利用でもTOKYUポイントが貯まります。

定期券の購入

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の登録をしていると、PASMO定期券の購入で0.5%TOKYUポイントが貯まります。

ワールドプレゼント

クレジット決済でワールドプレゼントポイントが貯まります。

PASMOへのチャージや、定期券の購入でもワールドポイントが貯まります。

また、iDの利用でも貯まります。

ポイント還元率

ワールドプレゼントポイントは1000円の利用で1ポイント貯まります。

マイル還元率

ワールドプレゼントポイントをマイルへ交換するときの還元率は選ぶコースによって違います。

1ポイント単位で交換ができます。

以降方法はどちらのコースも1年に1回交換する「自動移行方式」と、自分の好きなタイミングで交換する「応募方式」があります。

自動移行方式だとポイントの失効を防げるのがいいね。

うん!
でも、10マイルコースにしている場合は注意が必要だよ。
交換を忘れてポイントを失効してしまうことはなくなるけど、その分手数料がかかるからね。
ワールドプレゼンツの有効期限が2年間だから、私のおすすめは、10マイルコースの人は2年ごとにマイルへの交換をすることだよ。
5マイルコースの人は自動移行方式で大丈夫!

  • 5マイルコース

移行手数料無料でマイルへ交換できます。
ワールドプレゼント1ポイント=ANAマイル5マイル
還元率0.5%

  • 10マイルコース

移行手数料6000円(税抜)でマイルへ交換できます。
年度ごと(4/16~翌年3/31まで)に手数料がかかります。
ワールドプレゼント1ポイント=ANAマイル10マイル
還元率1%

ボーナスポイントはどちらのコースでも1ポイント=3マイルです。

コースの選択について

どちらのコースを選ぶかで2倍も還元率が違うんだね!
どっちにすればいいんだろう。

還元率をみると、10マイルコースがいいように見えるけど、10マイルコースは手数料が6000円もかかるのがネックだよね。
結論から言うと、ANA東急カードをメインで使わない人は5マイルコースにする方がいい。
逆に、ANA東急カードをメインで使っていく人は10マイルコースにする方がいいよ。
具体的にいくらくらい使う人が10マイルコースがいいのかを見てみるよ。

一般的に1マイル=2円と言われているので、それをふまえて計算します。

例えば…


年間10万円利用

獲得できるワールドプレゼントは100ポイント。
5マイルコースの場合、100ポイント=500マイル(1000円分相当)
10マイルコースの場合、100ポイント=1000マイル(2000円分相当)

この場合、10マイルコースでは2000円相当のマイルしか貯めることができません。

移行手数料を支払うと-4600円になります。

つまり、10マイルコースにすると獲得できるマイルよりも多くの手数料を払わなくてはいけなくなります。

つまり、年間10万円程度の利用なら、5マイルコースの方がいいってことだね!

そういうこと!
では、もう一つ例を挙げてみるね。


年間70万円の利用

獲得できるワールドプレゼントは700ポイント。
5マイルコースの場合、700ポイント=3500マイル(7000円相当)
10マイルコースの場合、700ポイント=7000マイル(14000円相当)

移行手数料を支払っても、7400円相当のマイルが獲得できます。

つまり、年間70万円相当利用する人は5マイルコースよりも10マイルコースの方が、獲得マイル数が多くなるということです。

最低でも年間70万円以上利用しないと10マイルコースにするメリットはないのかー。

そうだね。
でも、私がおすすめする2年に1回マイルへ交換する場合は、移行手数料が年間3000円(税抜)になるから、カードの年間利用額がもう少し減っても10マイルコースにするメリットは出てくるよ。
例えば…


年間35万円の利用

獲得できるワールドプレゼントは350ポイント。
5マイルコースの場合、350ポイント=1750マイル(3500円相当)
10マイルコースの場合、350ポイント=3500マイル(7000円相当)

移行手数料を支払っても、3700円相当のマイルが獲得できます。

つまり、年間利用額が35万円程度でも2年に1回の交換なら、10マイルコースにするメリットはあるってことだよ。

ワールドプレゼントのボーナスポイントとは?

ワールドプレゼントのボーナスポイントというのは、前年度(2月~翌年1月末)の利用額により設定されるステージに応じてプレゼントされるポイントのことです。

ステージは「V1」、「V2」、「V3」に分かれています。

f:id:berry16:20191010173628j:plain

※ステージに応じたポイント付与は2021年1月で終了します。

50万円の利用で50ポイントボーナスポイントがもらえるって嬉しいね!
50ポイントを10マイルコースで交換すると500マイルももらえるってこと?

ううん、さっきチラッと出てきたけど、ワールドプレゼントのボーナスポイントは還元率が違うんだよ。
ワールドプレゼントボーナスポイント1ポイント=3マイル
なんだよ。

そうなんだ!

つまり、ボーナスポイント50ポイント=150マイルとなります。


ステージV1で50万円利用の場合

5マイルコース:500ポイント+ボーナスポイント50ポイント=250マイル+150マイル=400マイル
還元率は0.5%+0.03%=0.53%

10マイルコース:500ポイント+ボーナスポイント50ポイント=500マイル+150マイル=650マイル
還元率は1%+0.03%=1.03%

年間50万円以上使うと還元率がアップするんだね!

そうなんだよ!
使えば使うほどお得なカードなんだよ!
一番いいステージのV3だと還元率は1.09%になるんだよ!

1.09%?!年会費2000円のカードとは思えない還元率だね!

そう!
しかも、年会費も割引システムを使えば751円(税抜)だよ!
詳しくはこの記事を読んでね。


あわせて読みたい


www.mile-de-tabisuru.xyz

注意!ポイントの有効期限

f:id:berry16:20191014135815p:plain
各ポイントには有効期限があります。

せっかく貯めたポイントを、うっかり失効してしまわないように注意しましょう。

  • ANAマイル:有効期限は3年です。利用した月から数えて36か月後の月末まで有効です。

f:id:berry16:20190901170825p:plain
出典:ANA公式HP

  • TOKYUポイント:有効期限は最長3年です。毎年、1/1から12月末までに貯めたポイントは翌々年の12月末まで有効です。
  • ワールドプレゼントポイント:各カードによりますが、ANA東急カードで獲得したポイントの有効期限は獲得月より2年間です。

ANAマイルの有効期限を最大にするには

ワールドプレゼントポイントの有効期限は2年間なので、失効する直前にマイルへ交換すれば最大5年間貯めたポイントを保有できることになります。

ワールドプレゼントポイントは2年に1度マイルへ移行すれば、ポイントの有効期限ものびますし、移行手数料の節約にもなります。

このカードを持っているだけで貯まるマイル!

f:id:berry16:20191014140004p:plain
ANA東急カードは持っているだけでもマイルが貯まります。

入会キャンペーン

入会キャンペーンで獲得できるマイルは1000マイルです。

継続ボーナスマイル

継続ボーナスマイルで獲得できるマイルは1000マイルです。

継続ボーナスマイルは2年目以降、カードを継続保有することで毎年もらえます。

搭乗ボーナスマイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANAマイルをもっと貯める使い方

f:id:berry16:20191014140122p:plain

ココイコ!

f:id:berry16:20191014122242j:plain
ココイコ!の対象店舗はこちらです。
f:id:berry16:20191014122459j:plain
10/31までANAカード限定キャンペーンをしています。

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス加盟店でANA東急カードを利用すると、クレジットカードのポイントとは別にANAマイルが貯まります。

f:id:berry16:20191014095519j:plain

つまり、マイルの二重取りが可能になるよ!

貯まるマイルは100円~200円(税込)につき1マイルと店舗により異なります。

ANA東急カードをお支払カードに設定しているApplePayやGooglePay、IDなどのスマホ決済などにも対応しています。

f:id:berry16:20190902093837j:plain
出典:ANA公式ホームページ

私がANAカードマイルプラス加盟店でよく利用しているのはエネオスだよ。

エネオスでは100円につき1マイルがもらえます。
我が家では月に10000円のガソリン代がかかるので、

ANAカードマイルプラス100マイル+クレジットカード利用50~100マイル(10ワールドプレゼントポイント)=150~200マイル

クレジットカードのポイントだけだと50マイル。
還元率は1.5~2%で通常の3~4倍だよ!

これは大きいね。

セブンイレブンやマツモトキヨシなどでもANAカードマイルプラス加盟店だから、使いやすい店舗でぜひ使ってみよう。

ANAマイレージモール

ネットショッピングをするときにANAマイレージモールを経由すると、通常の数倍のマイルがもらえます。

店舗によってもらえるマイルはちがいます。

また、キャンペーン期間はもらえるマイルが多くなるので、ネットショッピングをするときはチェックしてみてください。

例えば楽天市場では200円につき1マイルがもらえます。

1000円分の買い物をすると、

5~10マイル(1ワールドプレゼントポイント)+5マイル(ANAマイレージモール)=10~15マイル

となり、もらえるマイルは2~3倍になります。

今はビルケンシュトックがキャンペーンをしていて、10/30までの利用分は100円につき7マイルももらえます!

ビルケンシュトックで10000円のお買いものをすると、

50~100マイル(10ワールドプレゼントポイント)+700マイル(ANAマイレージモール)=750~800マイル

となり、なんと7.5~8%の還元率になります。

買い物で7.5%~8%もマイルが貯まるって?!
すごい!!

ポイントアップモール

ネットショッピングをするときにもう一つ確認してほしいのは、ポイントアップモールです。

f:id:berry16:20191014111026j:plain

例えば楽天市場だと、ポイントが2倍になります。

f:id:berry16:20191014111408j:plain

1000円分の買い物をすると、2ワールドポイントが貯まります。

マイルに換算すると、10~20マイルです。

5マイルコースならANAマイレージモールと同じだけど、10マイルコースならポイントアップモールの方がお得だね!

そうだね。
だから、ネットショッピングを利用する前は、ポイントサイトとこの二つのモールを比べて、どこが一番多くマイルを獲得できるのか考えた方がいいね!

Edyマイルプラス

通常、楽天Edyの利用で200円につき1マイルが貯まります。

そして、Edyマイルプラス対象店舗でEdyで支払うと100円につき1マイルが貯まります。

f:id:berry16:20190810134112p:plain
Edyマイルプラス加盟店
出典:ANA公式HP

ANAマイレージクラブモバイルプラス

更に楽天Edyをよく利用する方におすすめなのが、ANAマイレージクラブモバイルプラスです。

こちらは月額300円(税別)の利用料がかかるサービスです。

Edy機能つきのカードや、おサイフケータイを利用しているメンバーは、楽天Edy200円の利用につき3マイルが貯まります。

更に、マイルをANAスカイコインに交換するときのレートが最大1.5倍になったり、特典航空券やANA SUPER VALUEなどの航空券が先行予約できるようにもなります。

ANA東急カードを作る前にマイ友プログラムに登録しよう!

f:id:berry16:20191014140505p:plain
ここまで読んで、ANA東急カードを作ろうと思ったかたはぜひマイ友プログラムに登録してください。

登録してから、ANA東急カードを発行することで500マイルがもらえます。

私ももらったよ!

f:id:berry16:20190820131724p:plain

マイ友プログラムに登録していないと、この500マイルはもらえないので、必ず作る前に登録してね。

紹介者の氏名と番号を入力する画面があるので、紹介者がいない方は私のものを使ってください(^.^)
ANA マイ友プログラム - マイルで旅する

そのあとは公式サイトからでもいいですが、ポイントサイトを経由して作ることでより多くのマイルを貯めることができます。

せっかく陸マイラーを始めるのであれば、ぜひポイントサイトを経由して作りましょう。

※現在、ソラチカルートの閉鎖に伴いANA東急カードの発行数が増えています。それによって、ポイントサイトの案件がなくなっています。復活するまでは公式サイトより申込をお願いします。

ポイントサイトを経由しないのはもったいないですよね!

ポイントサイトの登録がまだの方はこちらからできます。

各ポイントサイト、お友達紹介特典がありますので、このブログからの登録がお得です!

おすすめポイントサイトまとめ - マイルで旅する


あわせて読みたい


www.mile-de-tabisuru.xyz

まとめ

f:id:berry16:20191014140612p:plain


point

  • ANA東急カード年会費2000円(税別)の陸マイラーに必須のカード
  • 付帯サービスはANAカードと三井住友カードのサービスを利用できてお得
  • ANAマイル、TOKYUポイント、ワールドプレゼントポイントが貯まる
  • クレジット利用でのマイル還元率は0.5%~1%
  • 年間35万円以上利用するなら移行手数料を払っても10マイルコースを選択すべき(2年に1回のポイント移行の場合)
  • TOKYUポイントは東急グループの利用でザクザク貯まる
  • TOKYUポイントとワールドプレゼントポイントの二重取りや、ANAマイルとワールドプレゼントポイントの二重取りなど、使う店舗によってさらにお得にポイントが貯まる
  • ワールドプレゼントポイントのボーナスポイントは0.33%の還元率でANAマイルに交換することができる
  • 貯めたポイントの有効期限は最大で5年間持つことができる
  • ANA東急カードを持っているだけで毎年1000マイル貯まる
  • さまざまなポイントアップサービスを使うことでANAマイルを数倍貯めることができる
  • ANA東急カードを作るときは必ず事前にマイ友プログラムに登録を!

では。
読者様のお役に立てれば嬉しいです。