マイルで旅する

陸マイラー初心者の専業主婦が、マイルを貯めて「家族で南の島へ行く!」という夢を叶えるブログ。

―おすすめ記事―

【2019年10月最新】ソラチカカードとは?ポイント還元率はどれくらい?|陸マイラー必須のソラチカカードを大調査!

スポンサーリンク

f:id:berry16:20190902150834j:plain
陸マイラーには必須ソラチカカード

特にANAマイルを貯めている陸マイラーは必ず持っていますよね。

でも、持っているだけではもったいない。

有効に使うことはできないのか、徹底的に調べてみました。

ソラチカルート閉鎖?!

f:id:berry16:20191001164118j:plain
ソラチカカードの説明に入る前に、重大な報告があります。

2019年9月30日にLINEから突然ポイント交換に対する大改悪が発表されました。

f:id:berry16:20191001161146j:plain

その内容はこちらです。

f:id:berry16:20191001161213j:plain

2019年12月27日15:00LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了します。

今まで紹介していたソラチカルートはLINEポイントをメトロポイントへ交換するルートを通ります。

よって、このルートが閉鎖になると、ポイントサイトからメトロポイントへ交換するルートがなくなるので、ソラチカルートは閉鎖されて、マイルへの交換ができなくなるということです。

ソラチカルートを使っていた方は、早めにLINEポイントをメトロポイントへ交換することをおすすめします。

そしたら、ポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換できなくなるってこと?

そんなことはないんだよ。
ソラチカルートのほかにも、TOKYUルートnimocaルートが残っているよ。

それって何?

詳しくは、別の記事にまとめるね。
簡単に説明すると、TOKYUルート75%の還元率で、ソラチカルートよりも早くマイルへ交換することができるよ。
nimocaルート70%の還元率で交換することができるよ。nimocaルートは函館と九州でしかマイルへの交換ができないから、誰にでも使えるルートではないんだけどね。
ソラチカルートが使えなくなってからの、一番のおすすめはTOKYUルートだよ。

でも還元率は落ちてしまうんだね。

残念だけど、そうなんだよね。
もっと還元率がいいルートが見つかればいいんだけど。
でも、東京メトロ圏内で生活している人は今まで通りメトロポイントからはソラチカルートが使えるから、ソラチカカードは必携だよ。


あわせて読みたい


www.mile-de-tabisuru.xyz

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のスペック

f:id:berry16:20190902151527j:plain

概要

f:id:berry16:20190824120913j:plain
ソラチカカード

  • ブランド:JCBのみ
  • 年会費:2000円(税抜)で初年度は無料。家族カードは1000円(税抜)
  • お申込み対象:18歳以上で、本人または家族に安定した継続収入がある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方(日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方)。家族会員は本会員と生計を同一にする配偶者、親、子(高校生は除く18歳以上)の方。
  • PASMO機能:あり※有効期限はクレジットカードの有効期限と同じ
  • オートチャージ機能:あり
  • 定期券搭載:東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券
  • PASMOデポジット:無料
  • 追加可能サービス:ETCカードQuicPay、PiTaPa、プラスEX
  • Wedサービス:MyJCB
  • ApplePay:設定可能
  • GooglePay:設定可能

年会費をお得にする方法はこの記事を読んでください。


あわせて読みたい

www.mile-de-tabisuru.xyz

付帯保険

  • 海外旅行傷害保険:最高1000万円
  • 国内航空傷害保険:最高1000万円
  • ショッピングガード保険:海外→最高100万円(自己負担額1件につき1万円)
  • カード盗難保険:○

国内・海外航空機遅延保険や、携帯品損害保険はついていません。

付帯サービス

  • ANA機体工場見学キッザニア「ANAカードスペシャルデー」などのイベントに参加できる
  • JCBプラザJCBプラザラウンジの利用
  • 空港内免税店、機内販売、ANA FESTAなどでの割引サービス
  • ビジネスきっぷの利用
  • チケットJCBの利用
  • 渋谷ちかみちラウンジ無料で利用可能

などANAカードとJCBカードの両方の付帯サービスを利用できます。

1枚のカードでこんなたくさんのサービスを受けられるんだ!

気になるポイント還元率!貯まるポイントの種類と交換ルート

f:id:berry16:20190824122224j:plain

ソラチカカードではANAマイルメトロポイントOkiDokiポイントの三種類のポイントが貯まります。

f:id:berry16:20190901145125j:plain
出典:東京メトロ公式サイト

3つのポイントが貯まるというソラチカカード
複雑なのでしっかり理解してマイルを貯めよう。

ANAマイル

ANAグループ便やスターフライアンス加盟航空会社便に搭乗するとフライトマイルが貯まります。

ANAグループ便ならボーナスマイルも貯まります。

メトロポイント

東京メトロでの定期券購入や、To Me CARDの提携先でクレジットカード払いをすることでメトロポイントが貯まります。

「メトロポイントPlus」に登録すると、東京メトロの乗車や、メトロポイントPlusの加盟店でのPASMO利用でメトロポイントが貯まります。

乗車ポイント(1乗車につき)

※定期区間以外です。

  • 平日:5メトロポイント
  • 土日祝:15メトロポイント
メトロポイントPlus加盟店

f:id:berry16:20190901150258j:plain
このマークが目印

  • 店舗:200円(税込)の利用で1メトロポイント
  • 自動販売機:100円(税込)の利用で1メトロポイント

OkiDokiポイント

毎月のクレジット利用金額1000円(税込)につき、1OkiDokiポイント貯まります。

OkiDokiポイントは以下の3つの物へ交換できます。

  • OkiDokiポイントプログラムの商品から好きなものへ交換:OkiDokiポイントプログラムの詳細はこちらから確認してください。
  • ANAマイルへ交換
  • メトロポイントへ交換(ソラチカカードのみ):1OkiDokiポイント=5メトロポイント

このブログの読者さまは、ためらわずにマイルへ交換すると思うので、マイルへの移行について詳しくみていこう。

マイルへの移行は2つのコースがある
  • 5マイルコース

 移行手数料無料
 1OkiDokiポイント=5マイル
 還元率0.5%

  • 10マイルコース

 移行手数料年間5000円(税抜)。
 1OkiDokiポイント=10マイル
 還元率1%

どちらのコースも移行単位は1ポイント以上1ポイント単位です。

マイルの移行手続きには2種類あり、マルチコース自動移行コースが選べます。

マルチコースはポイントを移行する度、移行手続きが必要です。

自動移行コースは年に1回自動でポイントをマイルへ移行してくれます。

自動移行コースはポイントの有効期限を忘れて失効してしまうことがない点はメリットです。

そしたら、自動移行コースがいいね!

一見、自動移行コースがいいように見えるけど、10マイルコースを選択している場合、年5000円(税抜)の移行手数料がかかってしまうから注意が必要だよ。
5マイルコースを選択している場合は、自動移行コースで問題ないよ。

コースの選択について

この2つのコースは選択次第で貯まるマイルが2倍も違うよね。

陸マイラーとしては10マイルコースを選びたいところだけど、移行手数料の5000円がネックになるよね。

どういう基準でコースの選択をすればいいの?

それはね…

コースを選択する上で大事なポイントは、ソラチカカードどのくらい利用するのかということです。

結論から言うと、メインで使う予定の方は移行手数料が発生しても10マイルコースの方がいいです。

あまり使う予定がない方は5マイルコースでいいです。

マイルの価値は一般的に2円相当と言われています。

具体的にどのくらい利用するなら10マイルコースがいいのかを考えてみます。

例を挙げると、


年間10万円利用

獲得できるOkiDokiポイントは100ポイント。
5マイルコースの場合、100ポイント=500マイル(1000円分相当)
10マイルコースの場合、100ポイント=1000マイル(2000円分相当)

この場合、10マイルコースでは2000円相当のマイルしか貯めることができません。

移行手数料を支払うと-3400円になります。

つまり、年間10万円程度の利用なら5マイルコースの方がいいです。

もう一つ例を挙げて考えてみます。


年間55万円の利用

獲得できるOkiDokiポイントは550ポイント。
5マイルコースの場合、550ポイント=2750マイル(5500円相当)
10マイルコースの場合、550ポイント=5500マイル(11000円相当)

移行手数料を支払っても、5600円相当のマイルが獲得できます。

つまり、少なくても年間55万円以上利用する予定がある方は10マイルコースの方がお得にマイルを貯められるということになります。

ただし、ポイントの交換を2年に一度のペースですると考えると、移行手数料が1年分あたり2700円(税込)になりますので、年間28万円の利用でも10マイルコースがお得になります。


年間28万円の利用

獲得できるOkiDokiポイントは280ポイント。
5マイルコースの場合、280ポイント=1400マイル(2800円相当)
10マイルコースの場合、280ポイント=2800マイル(5600円相当)

移行手数料を払っても2900円相当のマイルが獲得できます。

OkiDokiポイントのボーナスポイントは還元率が違う

OkiDokiポイントには2種類のポイントがあります。

通常の利用で貯まる通常ポイントとキャンペーンなどで付与されるボーナスポイントです。

入会キャンペーンなどで付与されるOkiDokiポイントはすべてボーナスポイントです。

先ほどの5マイルコース、10マイルコースというのは通常獲得ポイントの移行コースのことです。

ボーナスポイントは

1OkiDokiポイント=3マイル

移行単位は500OkiDokiポイント以上1ポイント単位です。

マイル移行手数料は無料です。

通常ポイントを自動移行コースにしていても、ボーナスポイントの移行は手続きが必要です。

OkiDokiポイントのボーナスポイントを最高還元率で交換

さきほど言ったとおり、ボーナスポイントは還元率が違います。

通常ポイントが1ポイント=5~10マイルで交換できたのに、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルと少なくなってしまいます。

でも、ポイントの交換先を直接マイルではなく、メトロポイントにして、ソラチカルートを使ってマイルへ交換することで、還元率を上げることができるんです。

例えば、500ポイントのボーナスポイントをマイルへ直接交換すると

500ポイント=1500マイル(還元率0.3%)

となります。

では、メトロポイントへ交換してソラチカルートを使うとどうなるでしょうか。

※ソラチカルートは2019/12/27までで閉鎖されます。
閉鎖後はボーナスポイントの交換は通常の0.3%還元になります。

500ポイント=2500メトロポイント
2500メトロポイント=2250マイル(還元率0.45%)

となります。
その差は750マイル

OkiDokiポイントをメトロポイントへ交換できるのはソラチカカードだけ

更にメトロポイントを90%の還元率で交換できるのもソラチカカードだけなので、この特典をぜひ使いましょう!

ソラチカルートについてはこちらの記事をご覧ください。


あわせて読みたい

www.mile-de-tabisuru.xyz

注意!ポイントの有効期限

f:id:berry16:20190824122455j:plain

各ポイントには有効期限があります。

せっかく貯めたポイントを、うっかり失効してしまわないように注意しましょう。

  • ANAマイル:有効期限は3年です。利用した月から数えて36か月後の月末まで有効です。

f:id:berry16:20190901170825p:plain
出典:ANA公式HP

  • メトロポイント:有効期限は最長2年です。毎年、4/1から翌年3月末までに貯めたポイントは翌々年の3月末まで有効です。

f:id:berry16:20190901170924p:plain
出典:東京メトロ公式HP

  • OkiDokiポイント:各カードによりますが、ソラチカカードで獲得したポイントの有効期限は獲得月より2年間です。

ANAマイルの有効期限を最大にするには

OkiDokiポイントやメトロポイントの有効期限は2年間なので、失効する直前にマイルへ交換すれば最大5年間貯めたポイントを保有できることになります。

OkiDokiポイント2年に1度マイルへ移行すれば、ポイントの有効期限ものびますし、移行手数料の節約にもなります。

持っているだけで貯まるANAマイル!

f:id:berry16:20190824122037j:plain

ソラチカカードは持っているだけでもマイルが貯まります。

入会キャンペーン(申し込み2019/10/15まで)

最大36100マイル+500メトロポイント

申し込みは10/15(火)まで
キャンペーンの参加登録は11/15(火)までとなっています。

  • 通常特典:新規入会1000マイルプレゼント
  • 特典1:10/31までにANA便に搭乗された方に1000マイルプレゼント
  • 特典2:11/30までにソラチカカードでショッピング50万円(税込)以上で15000マイル、15万円(税込)以上で3000マイルプレゼント
  • 特典3:11/15までにANAカードファミリープライム会員として、ANAカードファミリーマイルに登録で500マイルプレゼント
  • 特典4:11/30までにPASMOオートチャージを利用で500メトロポイントプレゼント
  • 特典5:12/31までにMyJチェック登録で1200マイル相当(OkiDokiポイント)プレゼント
  • 特典6:12/31までにソラチカカードでショッピング70万円(税込)以上で17400マイル相当(OkiDokiポイント)、25万円(税込)以上で6000マイル相当(OkiDokiポイント)、10万円(税込)以上で1500マイル相当(OkiDokiポイント)プレゼント

継続ボーナスマイル

毎年1000マイル

搭乗ごとにボーナスマイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANAマイルをもっと貯める使い方

f:id:berry16:20190826160157j:plain

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス加盟店ソラチカカードを利用すると、クレジットカードのポイントとは別にANAマイルが貯まります。

つまり、マイルの二重取りが可能になるよ!

貯まるマイルは100円~200円(税込)につき1マイルと店舗により異なります。

ソラチカカードをお支払カードに設定しているApplePayやGooglePay、QuicPay、IDなどのスマホ決済などにも対応しています。

f:id:berry16:20190902093837j:plain
出典:ANA公式ホームページ

私がANAカードマイルプラス加盟店でよく利用しているのはエネオスです。

エネオスでは100円につき1マイルがもらえます。
我が家では月に10000円のガソリン代がかかるので、

ANAカードマイルプラス100マイル+クレジットカード利用50~100マイル(10OkiDokiポイント)=150~200マイル

クレジットカードのポイントだけだと50マイル
還元率は1.5~2%で通常の3~4倍です!
これは大きいですよね。

セブンイレブンマツモトキヨシなどでもANAカードマイルプラス加盟店なので、使いやすい店舗でぜひ利用してみましょう。

ANA QUICPay+nanaco

f:id:berry16:20190902105249j:plain

このANA QUICPay+nanacoはQUICPayで支払うとOkiDokiポイントが貯まり、nanacoで支払うとnanacoポイントが貯まるのですが、セブンイレブンで使うとOkiDokiポイント、ANAマイル、nanacoポイントが貯まるというポイントの3重取りができるカードです!

例えば1000円分の買い物をします。

1OkiDokiポイント+5ANAマイル+5nanacoポイント

を貯めることができます。

マイルに交換すると、

5~10マイル+5マイル+2.5マイル=12.5~17.5マイル

つまり還元率が1.25%~1.75%になります。

また、このカードでANAのSKiPサービスも利用できます。

ANAマイレージモール

ネットショッピングをするときにANAマイレージモールを経由すると、通常の数倍のマイルがもらえます。

店舗によってもらえるマイルはちがったり、また、キャンペーン期間はもらえるマイルが多くなったりするので、チェックしてみてください。

例えば楽天市場では200円につき1マイルがもらえます。

1000円分の買い物をすると、

5~10マイル(1OkiDokiポイント)+5マイル(ANAマイレージモール)=10~15マイル

となり、もらえるマイルは2~3倍になります。

今はビルケンシュトックがキャンペーンをしていて、10/30までの利用分は100円につき7マイルももらえます!

10000円のお買いものをすると、

50~100マイル(10OkiDokiポイント)+700マイル(ANAマイレージモール)=750~800マイル

となり、なんと7.5~8%の還元率になります。

買い物で7.5%~8%もマイルが貯まるって?!
すごい!!

OkiDokiランド

同じくネットショップを利用するときにチェックしてほしいのがOkiDokiランドです。

OkiDokiランドを経由すると、OkiDokiポイントが付与されます。

例えば、楽天市場を利用すると2倍のポイントがもらえます。

1000円の利用で1OkiDokiポイントのところ、2OkiDokiポイントになるということです。

でもOkiDokiランド経由でついたポイントはボーナスポイントになるので、マイルへ交換すると

5~10マイル(通常ポイント)+3マイル(ボーナスマイル)=8~13マイル

となります。

この記事で紹介した最大還元率でボーナスポイントをマイルに移行しても

5~10マイル(通常ポイント)+4.5マイル(ボーナスマイル)=9.5~14.5マイル

です。

なので、楽天市場を利用するときはANAマイレージモールを経由した方がもらえるマイルは多くなります。

このように、OkiDokiランドを使う時はANAマイレージモールと比べた方がいいよ。
対応している店舗によって、どちらのモールを経由するのかの使い分けが必要だよ。

Edyマイルプラス

通常、楽天Edyの利用で200円につき1マイルが貯まります。

そして、Edyマイルプラス対象店舗でEdyで支払うと100円につき1マイルが貯まります。

f:id:berry16:20190810134112p:plain
Edyマイルプラス加盟店
出典:ANA公式HP

ANAマイレージクラブモバイルプラス

更に楽天Edyをよく利用する方におすすめなのが、ANAマイレージクラブモバイルプラスです。

こちらは月額300円(税別)の利用料がかかるサービスです。

Edy機能つきのカードや、おサイフケータイを利用しているメンバーは、楽天Edy200円の利用につき3マイルが貯まります。

更に、マイルをANAスカイコインに交換するときのレートが最大1.5倍になったり、特典航空券やANA SUPER VALUEなどの航空券が先行予約できるようにもなります。

ソラチカカードを作る前にマイ友プログラムに登録しよう

f:id:berry16:20190826155722j:plain

ここまで読んで、ソラチカカードを作ろうと思ったかたはぜひマイ友プログラムに登録してください。

登録してから、ソラチカカードを発行することで500マイルがもらえます。

私ももらいました。
f:id:berry16:20190820131724p:plain

マイ友プログラムに登録していないと、この500マイルはもらえないので、必ず作る前に登録してくださいね。

紹介者の氏名と番号を入力する画面があるので、紹介者がいない方は私のものを使ってください(^.^)
ANA マイ友プログラム - マイルで旅する

そのあとは公式サイトからでもいいですが、ポイントサイトを経由して作ることでより多くのマイルを貯めることができます。


せっかく陸マイラーを始めるのであれば、ぜひポイントサイトを経由して作りましょう。

※上のリンクから各ポイントサイトの申込ページへ飛べます。

一番獲得できるポイントが多いライフメディアでソラチカカードを発行すると、7000Pがもらえます。

それをソラチカルートでマイルへ交換すると、通常よりも6170マイルも多くマイルが貯まります!

500マイル(マイ友)+5670マイル(ポイントサイト)+36100マイル(ソラチカカード入会キャンペーン)=最大42270マイル

ソラチカカード発行だけで最大42270マイルももらえるんです!

カードを1枚発行するだけでこんなにマイルが貯まるんです。
ポイントサイトを経由しないのはもったいないですよね!

ポイントサイトの登録がまだの方はこちらからできます。

各ポイントサイト、お友達紹介特典がありますので、このブログからの登録がお得です!

おすすめポイントサイトまとめ - マイルで旅する

ソラチカカード入会キャンペーンで最大36100マイルがもらえるのは2019年10月15日(火)までの申し込みが条件なので、お早目に!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。


あわせて読みたい

www.mile-de-tabisuru.xyz

まとめ

f:id:berry16:20190830112724j:plain


point

  • ソラチカカードは年会費2000円(税別)の陸マイラーに必須のカード
  • 付帯サービスはANAカードとJCBカードのサービスを利用できてお得
  • ANAマイル、メトロポイント、OkiDokiポイントが貯まる
  • クレジット利用でのマイル還元率は0.5%~1%
  • 年間28万円以上利用するなら移行手数料を払っても10マイルコースを選択すべき(2年に1回のポイント移行の場合)
  • メトロポイントは東京メトロ利用でザクザク貯まる
  • メトロポイントとOkiDokiポイントの二重取りや、ANAマイルとOkiDokiポイントの二重取りなど、使う店舗によってさらにお得にポイントが貯まる
  • OkiDokiポイントのボーナスポイントはソラチカカードのみ0.45%の還元率でANAマイルに交換することができる
  • 貯めたポイントの有効期限は最大で5年間持つことができる
  • ソラチカカードを持っているだけで毎年1000マイル貯まる
  • さまざまなポイントアップサービスを使うことでANAマイルを数倍貯めることができる
  • ソラチカカードを作るときは必ず事前にマイ友プログラムに登録を!
  • ソラチカルートを使えるのは2019/12/27まで。


では。
誰かのお役に立てれば嬉しいです。